中間リザルトとNumbars8のセッター凄いな・・・というお話
中間リザルトとNumbars8のセッター凄いな・・・というお話

中間リザルトとNumbars8のセッター凄いな・・・というお話

こんばんは、1st Roundも3週目が終わり、折り返しとなりました。
リザルトは変動がありませんでしたw

なので、今回は順位のお話より、カテゴリ毎に分析していきたいと思います。

【ファンクラス】

7、8、10番が上位進出へのキーポイント。9番は中川内選手のみが課題をクリア。これをクリアできる力をつけることができればレギュラークラスへ昇格間違いなし。9番はレギュラーでも登れる人は少ないので上位争いをするならば、7、8、10番をゲットしてください

4、5番が登れなかった方は、ぜひサミットに再訪いただき、もう一度挑戦してみてください。挑戦すれば、登れなくても必ず次につながります。ぜひトライを!!

ファンクラスにはルーフが鬼門ですね。

【レギュラークラス】

12、13番がキーとなる課題。今回のNumbars8、ここからがムムムとなる分岐点。ここを登れる力がついたなら、マスターカテゴリが近づいてきてます。

そして、レギュラークラスも7、8、9、10が登れれば、上位が見えてくる。ここをサラリと登れれば、次のステージへ。

【マスタークラス】

さすが、マスタークラス、ルーフ課題はほとんどの人が登れています。15番がキー課題。ルーフ課題ですが、ルーフを出てからのスローパー気味のホールドを抑える力が必要。ここからはセンスと本気トレーニング。ここを越えれば、オープンが近い。

また、マスタークラスの真ん中から上位を狙うにはスラブなどのバランス系の課題を攻略する必要があります。どうやったら、うまくなれるのか、Numbars8スタッフの各店長に聞いてください笑

【オープンクラス】

正直このクラスはなぜ登れるのか説明ができません笑 強いていうならば、誰か「16番」登ってください w 登れた人、メッセージください。特別に何かプレゼントします。(エントリー中でなくてもいいです。)

出てきた数値は嘘をつきません。各カテゴリの中間リザルトを並べて、改めて凄いと思うのは、セッター陣の見事な設定。しっかりと順位がカテゴリごと内で分かれていて、階段上になってます。階段上になっているということは、1段1段階段を上がっていけば、登れるようになる道筋を作ってくれているということ。毎回感心します。Numbars8スタッフとセッターに感謝。

ぜひ、7人のセッターのこの見事な課題へ挑戦しにきてください。面白いこと間違いなし!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA